伝統建築による木造住宅建築ウッドピタ工法ピタコラム工法

伝統建築による木造住宅建築

日本の建築は古くから、住居はもちろん、神社や寺院に至るまで、木造でした。
日本には昔から、木の家をつくる職人(大工)がいます。
その技術は伝統建築として大工が継承してきました。
伝統建築は過去のものではなく、今の生活に合うよう工夫をし、沢山の現場で行われています。
木の家は、伝統建築を継承する大工がいてこそ、建つものです。


墨付け

材木が作業場に運ばれると、大工は材料をどのような向きに収めるかを決めるため、さまざまな印をつけていきます。この作業が墨付けです。 墨付けには、差しがね、墨壺、墨差しの筆記用の道具を使います。
墨壺は墨を入れる壺、墨差しは竹を割って作った大工専用の筆記具、差しがねは大工の必需品で、裏と表で目盛りが違うものさしです。この裏表を駆使して部材の収まりを計算したり、勾配を求めたり、寸法を求めたりします。

刻み

墨付けされた木材を墨にしたがって正確に仕口を作っていきます。
日本の木の家はもともと、釘や金物を使わず、パズルのように木を組んでつくるものでした。そのためには凹凸を作ったり、削ったりする作業が必要です。この作業が刻みです。
大工の腕の見せ所です。


組み上げ

刻んだ材料を現場で組み上げていきます。
番付(記号)の順番に材料を差込み、掛け矢(かなづち)でたたいてぴったりと収めていきます。